個人資産家にとってのメリットとは?相続税も大きなポイント

個人資産家にとってのタックスヘイブンのメリット

MENU

利用メリット(個人資産家)

タックスヘイブンを利用するのは法人税を免れようとする、

もしくは利潤を担保したまま節税しようとする世界の大企業ばかりではありません。

 

個人資産家にとってもタックスヘイブンがもたらす恩恵はとてつもなく大きいといわれています。

日本国内にとどまらず個人として莫大な資産を築き上げた人たちというものは一定数います。

 

スポーツのスーパースターや映画や音楽のスターなど芸能関係の成功者や

ビジネスによって富を築き上げた人物など比類なき才能を見せる一握りの人材にとっても

自国での税負担は重くのしかかってくることもあります。

 

こういったいわゆる成功者たちが自国を離れて

ドバイやモナコ公国、バハマ諸島などに移住しようとすることがときどき話題になります。

>> タックスヘイブン導入国

 

 

タックスヘイブンに移住することによって、その土地の居住者となり本国の租税を免れ、個人資産家の財を守ることができます。

 

個人資産家にとって、投資やビジネスによって稼いだ収入に対して高い税金を掛けられるのは非常に惜しいことです。収入が多いことはそれだけ税金も高くなるからです。タックスヘイブンに移住することで、この重い課税から免れることができるというところが租税回避地を利用する個人の大きなメリットです。

 

 

 

また個人の資産に対するタックスヘイブンのもうひとつの大きなメリットとして相続税対策として利用できるという点です。

 

個人資産家にとって、自らの財産を子どもや法定相続人に引き継がせるのに対して相続税や贈与税が重くのしかかります。タックスヘイブンではこういった相続税も回避することが可能なのです。
北大西洋のバミューダ諸島は相続税がかからないことで有名ですが、世界の個人資産家はこの相続税を回避する目的でもタックスヘイブンを利用すると言われています。

 

タックスヘイブンを利用して自国の富である自分の資産をオフショア金融ルートを利用して他国に移すことは、愛国心や自国に対する奉仕や忠誠の観点から非難されることです。

 

しかし莫大な資産を築いた個人資産家というものは、孤高の存在でもあります。卓越した自分の能力やビジネスセンスによって巨大な所得を得ればむしろ自国や租税に対して虚無的になるのも無理はありません。