タックスヘイブンの最大メリットは無税or低税率!銀行の秘密保持の高さも!

タックスヘイブンの企業側メリット!低税率と機密性

MENU

利用メリット(企業側)

 

タックスヘイブンとは、税率を低く設定したり、無税にしたりすることで企業を誘致するものなので、

タックスヘイブンに移転したり名目上の子会社を設立する

企業側にとってのメリットというものはある程度明確になってきます。

 

 

企業は事業を行う上で常に法人税というものを国に納める義務があります。

 

日本やアメリカでは約40%弱の法人税がかかり、ドイツやフランスでも30%から35%程度の法人税がかかります。またお隣の中国や韓国でも25%程度の法人税がかかっているのです。

>> 日本と海外の法人税

 

やはり企業としては利益を上げても国に税金として租税されればされるほど、自分たちの利潤は少なくなってしまいます。国に納税するよりもその利潤を惜しいと感じれば、それを節税したいと思うのが正直なところです。

 

タックスヘイブンに拠点を移行すること、また子会社を経由して投資や取引を行う事で租税回避をするというのが企業にとっての最大のメリットとなります。

 

企業が事業によって売り上げた利益の内で納税に割かれる金額が減るわけですから、企業としての売り上げや役員の報酬や社員の給料に反映させることができ、さらには設備投資などに投入することができます。

 

また税務申告などの負担や義務なども軽減されることもあり、得られるメリットというものは、全体を通じて非常に大きいということができます。

 

 

事業展開や事業規模をより大きく拡大していく上で、通常よりも速いペースで企業を成長させていくことができる方法がタックスヘイブン(租税回避地)を利用する最大のメリットでしょう。

 

また近年、世界的に見てもタックスヘイブンの金融市場での重要性というのはますます高まってきています。企業が次々に海外進出をしたり、海外に事業の拠点を移している現状を考えると、こういったタックスヘイブンで租税を回避しながら、事業を成長させていくことの重要性がわかるはずです。

 

また新たに会社を設立するにあたっても情報の機密性や匿名性は高く保たれることでも注目を集めています。事業機密だけでなく資産の管理・運用も情報も守りながら行うことができるのが特徴です。
海外規模で事業を拡大させるにあたって、タックスヘイブンに拠点移すこと、関連会社をつくることは、グローバル時代では非常に有効な手段であるということもできます。