タックスヘイブン導入国を批判!ブラックリスト対策

タックスヘイブン対策税制は諸外国の有害税制カウンター

MENU

タックスヘイブン対策税制

具体的にタックスヘイブン対策税制とはどういうものかを具体的に解説します。

 

その名前から連想されるように、タックスヘイブンによって

国内や国際的な税基準を乱されることを防ぐために、

自国の富が流出することを懸念する諸外国が

タックスヘイブンを悪用されないための対抗的な税制のことを言います。

 

 

タックスヘイブンによる自国から富が流出してしまうことは大きな損失となるので諸外国は、当然のごとくタックスヘイブンに対して対策方法を考え出します。

 

タックスヘイブンを利用して租税を回避する企業の典型的な手法は、本国の親会社がタックスヘイブンに子会社としてペーパーカンパニーを設立してそこに所得や資本を移して、本国の租税から逃れようとするものです。

 

しかしタックスヘイブン対策税制は、こういった方法に対して租税を追求するために、タックスヘイブンの子会社の所得を親会社の所得と同一にみなしたり、子会社に配当がされたものとみなして租税していこうというものです。

 

ブラックリスト対策

タックスヘブンに諸外国が対抗するために、租税競争において有害な国としてブラックリストに記載して、認定することによって国際的に避難することでタックスヘブンの税制を非難することがOECDによってはじめられました。
こういったブラックリスト化による攻撃はある程度有効で、199年代後半にブラックリスト化を恐れたバミューダ諸島やケイマン諸島は税制を改革する方針を見せ始めました。

 

ヨーロッパ協調策

基本的には自国の税に関する問題を他国が主権することはできません。しかしブラックリスト対策にしても、国際社会の一員として歩んでいく運命も国には求められます。
そういうった意味で、著しく低い課税や無税策、税務に関する不透明性、実態のないペーパーカンパニーに対する優遇政策などは国際間の租税問題で有害なので排除していきましょう、というハーモナイゼーションをヨーロッパ委員会が打ち出すことで一定の効果が上がっていることがわかっています。